hyperDENT®

フォローミーテクノロジーグループはデンタル市場にマッチしたCAMソフトウエアの供給に注力しています。それはお客様のニーズにすばやく適応させるだけでなく、私たちのコア製品であるhyperDENTをもって常に最新のユニークな機能を提供することにあります。

hyperDENTは、一般工業界で得た加工ノウハウや経験をデンタルCAMに活かし、最大限の安定性と品質をもたらします。たとえば、ガラスセラミックのような難加工材向けに特許取得しているピーリング加工は最高品質の仕上げと工具の長寿命化を実現しています

hyperDENTは、デンタル市場で2極化されたマーケット、1つは中小歯科技工所向け、もう1つはミリングセンター向けとそれぞれに適応したソリューションを提供しています。hyperDENT Compact hyperDENT Classic.が2つコアプロダクトに hyperDENT Options というアドインをニーズに応じて加えることも可能です。

 

hyperDENT Compact Logo

インハウスでの加工需要が着実に高まる中で、使いやすさを追求した、hyperDENT®のコンパクトバージョンが登場しました。このCAMソフトウェアは、低コストを保ちつつ、従来の卓上加工機が持っている能力を最大限に活かします。速さ、安全性、効率性、正確さ、といった hyperDENT が自信を誇る特徴はたとえコンパクトであっても、ラボで一般的に求められる機能を網羅しています。非常にシンプルで使いやすい画面構成なので、高度なトレーニングは不要で、CAD/CAM 使用経験のない技工士の方でも安心して使っていただけます。

 

hyperDENT Classic Logo

FOLLOW-ME! のソフトウェアでは、デジタルでデザイン化された様々な加工物がインハウスで製造できます。
機能は幅広く充実しており、オプション品は個々にカスタマイズできるので、ラボやミリングセンターでは生産ニーズをしっかりと管理することができます。パワーアップしたこのバージョンでは hyperDENT Compact に含まれる機能は全て網羅している他、複数品の同時生産が必要になってくるような、より大規模のラボに適しております。同時操作により、材料の節約、機械寿命の向上、加工時間の減少など作業効率を上げることができます。

ユーザー指定領域機能では、歯科技工士は、特別に注意を要する箇所を指定することができます。
また、マルチスタート機能では、大幅な加工時間短縮が可能になります。複数のプロジェクトに対して同時に計算と加工ができるので、ユーザーに時間のゆとりが生まれます。

 

hyperDENT Options Logo

CAM 製品がユーザーにフレキシビリティや拡張性を与えていなければ、常に CAD/CAM 技術の最先端に留まることはできません。 hyperDENT Options の追加モジュールでは、新しいタイプの加工物の製造や、現状の機能及びソリューションのカスタマイズをご提供いたします。

CAM製品がユーザーにフレキシビリティや拡張性を与えていなければ、常にCAD/CAM技術の最先端に留まることはできません。 hyperDENT® Options の追加モジュールでは、新しいタイプの加工物の製造や、現状の機能及びソリューションのカスタマイズをご提供いたします。

hyperDENT® 研削モジュールでは、ガラスセラミックスに適した特別な加工パスを追加できます。この加工パスでは、ダイヤモンド工具での加工により高品質で効率的な製造が可能になります。

hyperDENT® デンチャーモジュールは、フルデンチャーを製造するにあたって従来のプロセスの5割以上をカットすることができる完全自動化CAM機能です。自動加工パスとパラメーター計算を使った、初のフルデンチャー用ソフトウェアです。上下顎の構成データが全て入っているため、CAMソフト操作も難しくなく、初心者でも効率よく利用できます。

hyperDENT®テンプレート作成は、新しい加工機、材料形状、補綴物など様々な物に対応可能なテンプレートを必要としている、CAM上級者向け機能です。一般的なCAMでは、自社材料加工テンプレートをまず作りその後に顧客に販売する流れであることを考えると、このモジュールは、他では見られないような独自で自由度の高い特徴を有しています。

hyperDENT® アバットメントクリエイターは、アバットメント、インプラントバー、スクリュー固定ブリッジなどの補綴物を、簡単に且つ高精度に加工することができます。検証済みのインターフェースライブラリーがあるため互換性に優れ、各社メーカー製のアバットメントライブラリーもご利用いただけます。

hyperDENT® V8 データシート

Practicelab

Compact

Classic

機能

説明

X

X

X

プロジェクト管理

プロジェクトと素材の管理

X

X

X

プロジェクト- レポート

PDF出力によるプロジェクトリポート出力

X

X

モデル読み込み ”従来の方法”

ワークフローの自動初期化

X

モデル読み込み ”クリックスルー”

自動ナビゲーションによるワークフロー

X

X

X

自動ネスティング

ローカルネスティング - 現行の位置を基準にして自動的にパートを理想的な位置に配置 グローバルネスティング- 素材や冶具を考慮して全体的に見て理想的な位置に配置

X

X

計算併合

複数の別々に計算されたデータの一括処理

X

X

ディスク素材加工

ディスクや自由形状の素材加工

X

X

X

ブロック素材加工

ハイブリッドレジンなどのブロック素材加工

X

X

X

一次加工済み素材加工

アバットメントのインターフェース加工済み素材

X

X

シンタリングフレーム付加

歪み防止用フレームの付加

X

X

パート間コネクター付加

モデル同士でのコネクター付与

X

X

X

CAD-Connect (3Shape …)

特定のCADシステムからモデル情報をダイレクトに取得

X

マルチ起動

複数のプログラムを同時起動可能

X

加工領域ユーザー定義

手動によるユーザー定義領域の加工

X

X

X

マルチフィクスチャー

多数個取り可能な冶具への対応

X

X

新インターフェース

シンプルになった新インターフェース

X

クリックスルーワークフロー

自動ナビゲーションによるワークフロー

X

ダイレクトマシン接続

加工機へのダイレクト接続 (Roland DWX4-W)

X

X

X

素材フィルター

モデルへの素材選択フィルター

X

X

X

64-ビット計算

64ビット計算対応

O

X

X

フィーチャー認識

マージンラインやインプラントインターフェースのフィ

ーチャー認識

X

X

X

自動コネクター付与

自動的にコネクターを付与

X

O

O

研削モジュール

ガラスセラミック素材などへの研削モジュール

O

O

マルチ加工機設定

複数の加工機への対応

O

テンプレート作成モジュール

テンプレート作成&編集モジュール

O

インプラントモジュール

インプラントインターフェース加工モジュール(要 Template Generator モジュール).

O

アバットメントジオメトリ

インプラントインターフェースモデル

O

O

O

フルデンチャーモジュール

Merz Baltic Denture System を含むフルデンチャー加工モジュール

O

O

Lava ワークフロー

3M Lavaワークフローサポート.

X = 利用可能な機能 O = オプション機能 = 利用不可

材料選択の自由

hyperDENTはオープンシステムです。材料の選択など一切の制限がありません。

適応種類

デンタル産業のデジタル化とともにhyperDENTは多様なデンタルモデルを加工できます。

  コーピング   コーピングブリッジ   クラウン   クラウンブリッジ   アバットメント   アバットメントブリッジ   アバットメントクラウンブリッジ  インレー・アンレー   インレーブリッジ   テレスコープ プレスオーバー   バイトスプリント  石膏模型  デンチャー

ワークフロー

整合性チェック機能は、hyperDENT V7.0ワークフロー・プロセス全体を通して機能します。

たとえば、パーツの配置が間違っていると、警告またはエラーメッセージが表示されます。 カスタマイズされたデフォルト設定から何かが発生した場合、これが表示されます。

もう1つの非常に便利な機能は、if関数の計算です。 演算子として、仮説的な状況を事前に決めて計算モードに入力することができます。

たとえば、素材のサイズを変更する場合は、これを識別し、使用するツールと溝の深さを自動的に選別します。 これにより、あらゆる状況に合わせてオプションをカスタマイズするのがはるかに簡単になります

さらに、デフォルトの衝突チェック設定では、3軸および5軸の機械加工ジョブでホルダに衝突がないことが保証されます。 すべてのジョブで、テンプレートパラメータの衝突チェック設定機能をツールまたはツールとホルダーモードのいずれかに使用できます。 ポップアップ画面には、発生している間違ったワークフローの状況が表示され、オペレータに何が間違っているかのビューが表示されます

独立した操作

hyperDENT は、フルサイズのテンプレートジェネレータを提供する唯一のCAM製品であり、お客様が簡単で簡単な方法で独自のミリング戦略を作成できるようにします。 これにより、顧客は、フライス加工戦略を明らかにする必要性がないため、CAMサプライヤから独立して作業し、加工知識を保護することができます。

使いやすさ

制限のない直感的な操作ガイダンス

パーツをロード、配置、計算、完了です。 hyperDENT には、ユーザーの作業を軽減または簡素化する独自の機能があります

ロード・ウィザードは、ユーザーの個々の作業ステップの順序を自動的に指定し、プロセスを大幅に簡略化します。

素材管理を使用すると、部分的に使用された素材を素早く簡単に見つけて再加工できます。

自動的に配置されたコネクタと焼結ピンは、マウスをクリックするかパラメトリックに簡単に追加できます。 ブランクに既に配置されているオブジェクトのコネクタは、切断または部分的に縮小することができます

機械加工されていないパーツ内で、マウスを使って移動して回転させるだけで、好きな場所に複数のオブジェクトを配置することができます。 パーツの位置は、完全性と機械加工性が自動的にチェックされます。

オブジェクトは、「オブジェクトの整列」機能を使用して高さを最適化することができます。これにより、必要なスペースを最小限に抑えるためにオブジェクトが空白の中で回転されます。 部品をより小さい素材にフィットさせることは、ミリング時間の短縮、工具摩耗の低減、材料費の削減を意味します。

すべての主要なCADシステムとのダイレクトインタフェースは、データがマージンラインや出現プロファイルなどの追加情報で引き継がれるようにします。 これにより、ワークフローが簡素化され、手動で定義された作業手順の数が削減されます。

テンプレートジェネレータは、複雑な機能を備えていますが、幅広い加工経験がなければラボ技術者が容易にナビゲートできます。 ツールパスは、「仕上げマージンライン」やパーツの咬合側と腔側を参照するなど、歯科用語を使用して記述されています。 新しいツールとパラメータを選択するには、ドロップダウンメニューから、並べ替えのためのツールパスをドラッグアンドドロップします。

オートネスティングは、オペレータが手動でオブジェクトの最適な配置を計算および/または推定する必要性を排除します。 オペレータは、個々のネスティングパラメータを選択できるようになりました。これらのパラメータは、それぞれの異なるフィクスチャまたは機械に応じて調整することができます。 これらは保存して将来のプロジェクトに使用することができます。 さらに、複数のオブジェクトを同時にロードすることができ、これらのパラメータ内で処理することができます。

ユーザーが定義した領域により、技術者は特別な注意が必要と思われる特定の領域を手動で選択して定義することができます。 例えば、技術者は、さらに詳細を達成するために、特定の領域で使用されるより細かいツールを選択したい場合があります。 これに加えて、技術者は、ツールがユーザ定義領域内で動作すべき方向および角度を手動で選択することができます。

ハイパフォーマンス

ハイパフォーマンス – 高速且つ高い信頼性

加工時間は歯科用補綴物の製造における決定要因の1つです。 プロセスの信頼性を損なうことなく、高速計算とミリング時間を達成する必要があります。 hyperDENTに組み込まれている機能を持つ他のCAMソフトウェアでは、hyperDENTユーザーに明確な利点を提供することができます。

マルチコアサポートにより、ツールパスの計算がすべてのプロセッサのコアに同時に提供され、計算時間が大幅に短縮されます

ジョブ、ツールのフォーマット、浸漬の深さによって、フライス領域の境界が自動的に広がり、衝突の可能性が回避されます。

自動ブランクトラッキングは、荒加工およびレットマテリアルの加工に対するプロセスの信頼性を保証します。

ツールパス用のオプションの深度リミッター、適切な工具長の自動選択、加工エラーの防止、不良品の生成を防ぎます。

3軸および5軸モードでの自動衝突制御と、ブランク、ブランクホルダー、およびツールホルダーに対する工具衝突のためのオプションの制御により、高価な粉砕事故を防ぎます。

機械の軸制限の自動チェックにより、エラーが発生した場合に直ちに中断される計算が行われます

スクリューリテインアバットメントの製造中、スクリューチャネルが自動的に認識され、hyperDENTの内部形状が再生成され、スキャンおよび設計プロセスの不一致が解消されます。

高品質

パッシブフィット、完璧な仕上げ

結果は重要なものであり、フィットと表面品質によって判断できます。 ミリングアルゴリズムは、これらの分野で優れた結果を達成するための鍵です。

hyperDENTを使用すると、必要な場所にきわめて適切にフィットすることができます。 マージンライン、アバットメント接続ジオメトリ、またはスクリューチャネル内の座面領域。 これにより、高速加工時間を犠牲にすることなく、高精度の歯科修復が可能になります。

hyperDENTを使用すると、マージンラインを完全に製造することができます。 特別な3Dオフセット技術により、迅速な加工時間にもかかわらず、マージンラインのチッピングもなく、薄いエッジをジルコニアで機械加工することができます。

ご関心がある方はこちら

Pin It on Pinterest